赤ちゃんの夜泣きの原因と対処法

赤ちゃんが夜泣きをするとミルクなどを飲ませてみたり、抱っこしたりと色々試してみますが、泣き止むことはありません。赤ちゃんの夜泣きも一晩だけなら良いのですが、毎日となると両親も疲れてしまうものです。



赤ちゃんの夜泣きは、夜中に突然泣き出すもので、おむつが濡れているわけではなく、ミルクが欲しいというわけでもなく、あやしても中々泣き止むことがない状態です。夜中に泣いたので抱っこして寝付いたにもかかわらずベッドに寝かせるとまた泣き出してしまうこともあり、結局朝まで同じ状態が続くことも少なくありません。赤ちゃんの夜泣きの原因は、実ははっきりと分かっていることはなく個人差もあります。

日本経済新聞情報選びをお手伝いするサイトです。

不安、興奮して寝付けないなど症状の他に睡眠サイクルが乱れていたり、ストレスなどが原因と考えることができます。

泣き止ませるには、泣き始めたらすぐに抱き上げるということはせず、2〜3分は様子をみます。

寝言として泣くこともあるため、しばらくすると泣き止むこともあります。

赤ちゃんが置いたら泣くの新しい魅力を紹介します。

それでも泣いているなら抱き上げます。
優しく背中をトントンしたりゆっくりゆれると良いです。哺乳瓶や乳首をくわえさせたり、ミルクをあげても良いです。


他にはリラックスできる音楽を聴かせたり、外の空気を吸わせて気分転換したり、暑い場合や着ているものが不快という場合もあるため服を脱がせることも有効な方法です。

赤ちゃんが夜泣きしないように対策をする必要もあります。


朝は同じ時間に起こして夜は同じ時間に寝かせ、朝は太陽の光を浴びさせたり夜は早めに部屋を暗くします。また寝る前にスキンシップをとっても良いです。