赤ちゃんの夜泣き対策

産まれてすぐの赤ちゃんは睡眠のリズムが取るのが苦手なので、夜泣きをする事が多いです。そのため赤ちゃんも育児をする親もストレスがたまります。
そのような赤ちゃんに対する対策ですが、一番良いのはだっこです。

赤ちゃんをだっこについて詳しく知りたいならこちらのサイトです。

だっこされると安心して夜泣きが収まる時が多いです。

特に母親がだっこするとよく寝ます。両親であるとこのようによく寝ますが、他人がだっこすると赤ん坊はかなり警戒します。


その結果としてさらに不安定になる場合があります。

赤ちゃんにもよりますが、お腹が空いた時にも夜泣きをする時があります。
そのような時には母乳を飲ませたり、母乳が無理な場合にはミルクを飲ませることでも夜泣きが落ち着く場合もあります。離乳食を食べている時だと、好きな離乳食を食べさせることで安定するパターンもあります。
その際にはいつも利用しているオムツを利用しないと落ち着かなくなるので注意が必要です。
うんちをしている可能性もあるので、一度オムツを確認する必要もあります。
その場合にはオムツを交換すると落ち着く場合がほとんどです。
オシッコの場合にも同様にすると落ち着きます。


それでもおさまらない場合があります。

そのような場合には自動車でドライブすると良い場合があります。

赤ちゃんは車でドライブすると揺れが気持ちが良いのかよく寝る場合がほとんどで、夜泣きをしている場合でも同じです。



そのように対応していると朝まで車の中でぐっすりと眠る事ができます。

エキサイトニュースについての情報です。