赤ちゃんの夜泣きについて

夜泣きとは、おむつが濡れているとか、お腹が空いているとかこれといった理由も見つからない状態の中で夜中に泣き出して、なかなかおさまらないことを指します。



この夜泣きはほとんど赤ちゃんがすることで、お母さんたちは睡眠不足でフラフラな状態になることが多いです。

生後6か月くらいから1歳半くらいまでの赤ちゃんに多く見られます。


この夜泣きのはっきりとした原因はわかってはいませんが、不安感や興奮感などから引き起こしている可能性が高いものです。

幼児教室の情報をまとめた一度は訪れて欲しいサイトです。

昼間は機嫌よくニコニコ過ごしていた子が、夜になって泣き出しそのまま泣き止まない状態は、親はおろおろしてしまうものです。

人間は浅い眠りと深い眠りを交互に行いますが、赤ちゃんは睡眠サイクルが未熟なために浅い眠りの時に起きてしまい、その不快感から泣いてしまうことがあります。

goo ニュースの情報を探している方はこちらのサイトがおすすめです。

また、生後半年くらいから、様々な経験に対しての感受性が豊かになり、昼間の興奮が夜によみがえることもある時期です。
親は、誰もが通る成長過程の一環だと大きな心で受け止めることが大切です。

この夜泣き対策としては、生活のサイクルを整えることが一番です。

朝明るくなったらカーテンを開けて部屋を明るくします。


日中は外の空気を吸わせて、体を動かすなどして心地よい疲れを促します。

そして、入浴や食事を済ませたら暗くした部屋で寝かしつけします。


こういった人間の基本的な生活習慣を日々の生活の中で繰り返していくことで、それが身に付き、夜ぐっすりと眠れる習慣になっていきます。