赤ちゃんが夜泣きをしてしまう原因と対処

赤ちゃんが生まれて一番最初に悩まされるのは夜泣きです。


もちろん全く夜泣きしない子もいますが外に出て気分転換をしないと寝てくれない子もいます。

生まれてきた赤ちゃんは眠ることが下手です。



お腹の中にいたときの赤ちゃんはお母さんが活動している時間帯は眠っていますので夜行性です。
環境にも慣れていませんので生活サイクルも乱れており外部の刺激が強すぎることで夜泣きが始まります。

そして睡眠が浅いので少しの物音でも起きてしまします。

赤ちゃんが夜泣き関する情報選びにぴったりの情報を提供いたします。

しばらくすると目が見えて生活サイクルも安定してきたかのように感じます。が、目が見えることにより一日の出来事を眠りながら整理をします。

整理をしている間に一日の中であった嫌な出来事、怖かった出来事を思い出して夜泣きを起こします。対処としては毎日同じ時間に眠ることを心がけましょう。

そうすることで生活リズムが整います。


なるべく赤ちゃんとのスキンシップをしましょう。
お母さんの体温や呼吸、心臓の音などで安心します。
添い乳で寝かしつけるのはやめましょう。

日本経済新聞を成功させたい人に必見の良い情報をご紹介します。

おっぱいがある安心感で眠っていますのでなくなってしまうと不安になって眠りが浅くなります。
夜泣きはいつか終わります。お母さんが疲れてしまっては元も子もありません。

昼寝をしたら一緒に寝たり、たまには家事をさぼってみるのもいいと思います。


ゆったり余裕のある育児をすることで安心感を与えますのでお母さんもリラックスして楽しんでいくと気が付いたら成長して眠りが深くなっているかもしれませんね。